次は「おとまが」で検索してね!

【超簡単】エモいメロディの作り方とコツは?初心者でもわかるように解説【DTM】

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
  • URLをコピーしました!
作曲初心者の人

作曲を始めたけど全然いいメロディが作れない・・・

と悩む初心者の方は多いと思います。

正しくメロディの作り方とコツを覚えれば、初心者であってもいいメロディを作れます。

この記事では以下のことについて解説します。

この記事でわかること
  • メロディの作り方とコツ
  • メロディ作りを上達させる方法

もしあなたがオリジナル曲を作れるようになれば、作曲やDTMでは一生楽しめる最高の趣味になります。

くわのゆう

ただ、作曲やDTMは初心者にとって難しく、挫折率が高いのも事実です・・・

作曲やDTMは必要な知識が多く、良い曲が作れるようになる前に、挫折してしまう初心者の方は少なくないです。

もし作曲やDTMで、挫折したくない、早く上達したいのであれば作曲・DTMスクールに通うのがおすすめです。

筆者も最初は独学で作曲・DTMを勉強しており、わからないことが多すぎて挫折しました。

しかし、DTMスクールに通ってDTMを学んだら、作曲でお金をもらえるまでに成長しました。

くわのゆう

僕はスクールに通ってから曲のクオリティが爆上がりしました!
効率よく上達したいならDTMスクールは必須です!

スクールに通って作曲やDTMを学べば、プロ級の曲を作れるようになります。

「プロみたいにいい曲を作れるようになりたい!」という方は作曲・DTMスクール無料体験レッスンを受講をしてみることをおすすめします。

\おすすめDTMスクール5選/

スクロールできます

シアーミュージック

椿音楽教室

JOYミュージックスクール

アバロンミュージックスクール

EYS音楽教室
おすすめ度
場所全国100箇所の教室、オンライン全国200箇所のスタジオ、オンライン東京/大阪の4教室、オンライン全国15箇所の教室、オンライン全国21箇所の教室、オンライン
口コミ良い非常に良い 非常に良い良い普通
時間
(1コマ)
45分60分45分60分55分
料金
(1コマ)
4,400円5,825円
※別途スタジオ代
4,208円4,700円6,240円
特徴大手で安心
有名講師も在籍
コスパ最強
1コマが長い
講師が担当制
好きな場所で受講可
とにかく楽しい
Vtuberも目指せる
歌手育成に強み楽器を無料プレゼント
おすすめできる人全員全員DTM初心者歌手志望の人無料で楽器が欲しい人
公式サイト筆者おすすめ!
公式サイト
筆者おすすめ!
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト
※1コマの料金は月4回コースで計算(EYSのみ月2回コース)

以下の記事では、初心者におすすめできるDTMスクールについて解説しているので、あわせてご覧ください。

くわのゆう

僕が通っているでは、ネットでは知れない情報をプロが直接教えてくれます!

あわせて読みたい
DTMスクールおすすめ5選!安くてオンラインレッスンも可能【筆者も利用】 DTMスクールに興味があるけど、どのスクールが一番いいのかな?料金とか口コミとか、各スクールの特徴が知りたい! DTMをスクールに通って学びたいと思っても、DTMスク...
この記事を書いた人

名前:くわのゆう

  • DTM歴10年
  • DTMスクールでレッスンを受けたら、お金を稼げるまでに成長
  • 平日は会社員、週末は副業で音楽制作を行っている

詳細なプロフィールはこちら

目次

エモいメロディの作り方とコツ(音階)

ここからはメロディの作り方を以下の3つに分けて解説します。

  • 音階
  • リズム
  • フレーズ

今回は以下の音源にメロディをつけていきます。

メロディ作りにおける音階で意識すべきことは以下です。

  1. 白鍵の音だけを使う
  2. 基本は「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5音を使う
  3. 音の移動は基本的に隣に移動する
  4. ファ」と「」はアクセントとして使う
  5. フレーズ終わりは「ド・ミ・ソ」を使う
  6. 盛り上げたい箇所で高い音へジャンプする

順番に解説していきます。

白鍵の音だけを使う

まず前提として作曲に慣れないうちは白鍵の音だけでメロディを作りましょう。

つまりド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シの7音でメロディを作っていくということです。

くわのゆう

黒鍵は無視してOKです!

白鍵だけでメロディを作る理由は以下の2つです。

白鍵だけでメロディを作る理由
  • 視覚的にわかりやすい
  • メロディ作りで大きく失敗しない

少し上級者向けの話をすると、曲を作る際には「キー」という、その曲の中心となる音を決める必要があります

白鍵でメロディを作ると、自然とキーが「C(ド)」となる音階になっているため、適当に音を弾いても音を外す可能性が少ないのです。

白鍵だけで作ったメロディ

くわのゆう

ただ、このままだと少し聴きづらいメロディですね・・・

基本は「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5音を使う

次のポイントは、基本はド・レ・ミ・ソ・ラの5音を使うということです。

音楽理論的に説明すると、この5音はペンタトニックスケールというスケール音に該当します。

ペンタトニックスケールの特徴として、

  • 聴き心地のいいメロディが作りやすい
  • 伴奏を邪魔しない

という特徴があります。

特徴からもわかる通り、メロディ作りにおいて非常に優れたスケールなのです。

くわのゆう

僕も作曲するときは基本的にペンタトニックスケールを使います!

ド・レ・ミ・ソ・ラだけで作ったメロディ

くわのゆう

ただ、まだ音程がちぐはぐで少し聴きづらいです

音の移動は「隣 or 1個飛ばし」

音の移動は基本的に「隣 or 1個飛ばし」で移動することを意識しましょう。

作曲初心者の人

何で隣か1個飛ばしで移動するのがいいの?

音の移動を「隣 or 1個飛ばし」にするメリットは以下の2つです。

音の移動を「隣 or 1個飛ばし」にするメリット
  • 音の移動が少なく、滑らかに聞こえる
  • 歌を歌う時に音程を取りやすい

音を「隣 or 1個飛ばし」に移動するメロディ

くわのゆう

これはかなり聴きやすいですね!

「ファ」と「シ」はアクセントで使う

ファはアクセントとして使うことで、表現の幅が広がります。

ただし、ファを使いすぎると曲に違和感が出てきてしまうので注意が必要です。

くわのゆう

ほどよくスパイス的に入れるのがベターです!

ファを使ったメロディ

フレーズ終わりは「ド・ミ・ソ」

フレーズ終わりはド・ミ・ソで終わりましょう。

フレーズを「ド・ミ・ソ」以外の音で終わると、メロディに違和感が出てしまいます。

ド・ミ・ソ以外の音で終わった場合

くわのゆう

凄い違和感です・・・

これをド・ミ・ソで終わるように修正すると、以下のようになります。

ド・ミ・ソの音で終わった場合

くわのゆう

聴きやすさが全然違いますね!

盛り上げたい箇所で高い音へジャンプする

盛り上げたい箇所では高い音へジャンプして、メロディにメリハリを出しましょう。

また、音をジャンプするときはド・ミ・ソに着地するのが基本です。

高い音へジャンプしたメロディ

くわのゆう

音のジャンプを入れると一気にエモくなります!

エモいメロディの作り方とコツ(リズム)

メロディのリズムを作るときに意識すべきことは以下です。

  1. 16音符や休符を使う
  2. メロディの始まるタイミングを工夫する
  3. 有名な曲のリズムをマネする

順番に解説していきます。

16音符や休符を使う

16分音符や休符を使うのもメロディ作りでは重要です。

例えば、以下はメロディをすべて8分音符で作っており、緩急がないので少し聴きづらいメロディになっています。

▼8分音符のみのメロディ

下のメロディは16分音符や休符を入れることで、人間が歌えるような緩急のあるきれいなメロディになっています。

▼16分音符や休符を入れたメロディ

くわのゆう

16分音符や休符をうまく使うと曲に疾走感やエモさを演出できます!

メロディの始まるタイミングを工夫する

メロディの始まるタイミングを工夫することで、飽きないメロディを作ることができます。

作曲初心者の人

タイミングを工夫するってどういうこと?

メロディの始まるタイミングとしては大きく以下の3つがあります。

  • 拍の頭ちょうどから始める
  • 拍の頭よりフライングして始める(シンコペーション)
  • 休符から始める(レイドバック)

メロディの始まるタイミングを工夫するのが、ノリの良いメロディを作るコツです。

拍の頭よりフライングして始まるメロディ

くわのゆう

メロディに勢いが生まれました!

有名な曲のリズムをマネする

作曲初心者の人

メロディのリズムがいつもワンパターンになってしまう・・・

そんな方は自分の気に入った曲のメロディのリズムをマネしてしまうのもありです。

前の章で説明したポイントを抑えたうえで、メロディのリズムをマネすると、聴いていて気持ちいいメロディを作ることができます。

リズムに著作権はないので、気に入った曲はどんどんマネしていきましょう。

くわのゆう

僕も作曲するときは有名な曲のメロディのリズムをマネします!

エモいメロディの作り方とコツ(フレーズ)

フレーズを作る際に意識すべきことは以下です。

  1. 息継ぎのポイントを設ける
  2. 同じフレーズを繰り返す
  3. コードを意識する
  4. Aメロ→Bメロ→サビ」の順に使う音階を高くする

順番に解説していきます。

息継ぎのポイントを設ける

メロディを作る際は息継ぎのポイントを設けるようにしましょう。

具体的にはフレーズの終わりに休符を入れるイメージです。

休符を入れることで、

  • フレーズがどこで区切られているのかわかる
  • ボーカルが無理なく歌えるメロディになる
  • 次のフレーズに展開しやすい

といったメリットがあります。

メロディを作っていると、音を詰め込みすぎてしまいがちですが、勇気をもって息継ぎポイントを用意しましょう。

くわのゆう

いいメロディにはちゃんと息継ぎポイントが入っています!

同じフレーズを繰り返す

メロディの主軸となるフレーズを繰り返すのもポイントです。

同じフレーズを繰り返すことを音楽用語で「リフレイン」と言います。

▼リフレインしたメロディ

フレーズを繰り返すことで、リスナーの記憶に残りやすいメロディになります。

逆にフレーズを繰り返さない場合、記憶に残らないうえに、リスナーに聴きづらい音楽と認識されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

くわのゆう

リフレインは超大事です!

コードを意識する

少し上級者向けですが、コードを意識してメロディを作るのもおすすめです。

コードの構成音を理解すると、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」以外にもメロディに取り入れることができます。

以下のメロディでは、黒鍵の音である「G#(ソ#)」を使っています。

▼「G#(ソ#)」を使ったメロディ

黒鍵の音である「G#(ソ#)」を使えるのは、同時に鳴っているE7」コードの構成音に「G#(ソ#)」が入っているため、違和感なく使うことができるのです。

メロディの後ろで鳴っているコードの構成音を理解すると、メロディ作りの幅が広がります。

くわのゆう

コードの構成音を使うと、よりエモいメロディを作れます!

音楽理論を学びたいなら、以下の書籍がおすすめです。

楽天ブックス
¥1,980 (2024/04/28 23:11時点 | 楽天市場調べ)

「Aメロ→Bメロ→サビ」の順に使う音階を高くする

作曲初心者の人

なかなか盛り上がるサビを作れない・・・

歌のメロディを作るコツとして、「Aメロ→Bメロ→サビ」の順に使う音階を高くするという方法もあります。

人間は高い音で盛り上がりを感じるため、サビで最高音に到達するようにメロディを設計すると、盛り上げが足りないという状況を避けられます。

ルールを決めておくとメロディ作りに迷わないという利点もあります。

メロディ作りを上達させる方法

メロディ作りを上達させる方法は以下の3つです。

  1. 好きな曲のメロディをコピーする
  2. 音楽理論を学ぶ
  3. 作曲のレッスンを受ける

順番に解説していきます。

作曲のレッスンを受ける

作曲初心者の人

メロディ作りが全然上達しない・・・

メロディ作りにつまづいている作曲初心者の方に一番おすすめしたいのは、作曲のレッスンを受けることです。

筆者も最初は独学でDTMを勉強していましたが、

  • DAWソフトから音が出ない
  • 音は出たけど、かっこいい音が鳴らない
  • 何とか曲はできたけど、お遊戯会のようなダサい曲ができた

といったように、DTMが全く楽しくなく、挫折しました。

しかし、DTMスクールに通って作曲とDTMを学んだら、お金をもらえるまで成長しました。

くわのゆう

今では以下のような曲を作れるくらいにまで成長しました!

▼YOASOBI風デモ曲

▼バトルシーンなどで使われる激しめロック

▼エモい感じのLo-Fiヒップホップ

▼壮大な中国風オーケストラ

初心者の方からすると「すごい!」と思われるかもしれませんが、スクールでプロから教われば、このレベルの曲はすぐに作れるようになります。

くわのゆう

僕のような凡人でもこんな曲を作れるので、あなたもできますよ!

そして作曲・DTMスクールに通うのと、独学でやる場合には以下のような差があります。

スクールに通った場合独学でやる場合
時間がない人でも効率よく学習できる
困っているポイントを講師にすぐに聞けるので挫折しにくい
プロの作編曲のノウハウを教えてもらえるので、作編曲のクオリティが段違いに上がる
1から自分で調べる必要があるので効率が悪い
覚えることが多すぎて挫折しやすい
労力をかけても良い曲が作れない

スクールでプロの講師からレッスンを受ければ、挫折しにくくなる&上達が早くなります。

無料体験レッスンを受けたからといって、絶対に入会しなければならないわけではないので、ぜひ気軽に体験レッスンを受けてみてください。

くわのゆう

悩んでいる時間がもったいないので、気になるスクールの体験レッスンを今すぐ申し込んでしまいましょう!

\おすすめDTMスクール5選/

スクロールできます

シアーミュージック

椿音楽教室

JOYミュージックスクール

アバロンミュージックスクール

EYS音楽教室
おすすめ度
場所全国100箇所の教室、オンライン全国200箇所のスタジオ、オンライン東京/大阪の4教室、オンライン全国15箇所の教室、オンライン全国21箇所の教室、オンライン
口コミ良い非常に良い 非常に良い良い普通
時間
(1コマ)
45分60分45分60分55分
料金
(1コマ)
4,400円5,825円
※別途スタジオ代
4,208円4,700円6,240円
特徴大手で安心
有名講師も在籍
コスパ最強
1コマが長い
講師が担当制
好きな場所で受講可
とにかく楽しい
Vtuberも目指せる
歌手育成に強み楽器を無料プレゼント
おすすめできる人全員全員DTM初心者歌手志望の人無料で楽器が欲しい人
公式サイト筆者おすすめ!
公式サイト
筆者おすすめ!
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト
※1コマの料金は月4回コースで計算(EYSのみ月2回コース)

以下の記事では、初心者におすすめできるDTMスクールについて解説しているので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
DTMスクールおすすめ5選!安くてオンラインレッスンも可能【筆者も利用】 DTMスクールに興味があるけど、どのスクールが一番いいのかな?料金とか口コミとか、各スクールの特徴が知りたい! DTMをスクールに通って学びたいと思っても、DTMスク...

好きな曲のメロディをコピーする

好きな曲をコピーするとメロディ作りが飛躍的に上達します。

好きな曲をコピーするメリットは以下の3つです。

好きな曲をコピーするメリット
  • いいメロディの法則性がわかる
  • メロディの引き出しが増える
  • 好きな曲なのでコピーしていて楽しい

コピーする際はキーを「C」に直すと、多くの曲はすべて白鍵だけでメロディを再現することができます。

くわのゆう

プロの楽曲のメロディはとても参考になります!

音楽理論を学ぶ

音楽理論を学ぶとメロディ作りが簡単になります。

音楽理論を学ぶと

  • 不協和音となる音
  • 「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」以外で使える音
  • キー「C(ド)」以外でメロディを作る方法

などがわかるようになり、メロディ作りがスムーズに行えます。

作曲初心者の人

音楽理論って難しそう・・・

という初心者の方は多いと思います。

メロディの作り方とコツ(フレーズ)-コードを意識する」で紹介したの教本は、初心者の方でもわかるように音楽理論を解説してくれているのでおすすめです。

まとめ

この記事ではメロディの作り方やコツについて紹介しました。

今回の記事をまとめると以下になります。

  • メロディの音階で意識すべきことは以下の6個
    • 白鍵の音だけを使う
    • 基本は「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5音を使う
    • 音の移動は「隣 or 1個飛ばし」
    • 「ファ」と「シ」はアクセントで使う
    • フレーズ終わりは「ド・ミ・ソ」
    • 盛り上げたい箇所で高い音へジャンプする
  • メロディのリズムで意識すべきことは以下の3個
    • 16音符や休符を使う
    • メロディの始まるタイミングを工夫する
    • 有名な曲のリズムをマネする
  • メロディのフレーズで意識すべきことは以下の3個
    • 息継ぎのポイントを設ける
    • 同じフレーズを繰り返す
    • コードを意識する
    • 「Aメロ→Bメロ→サビ」の順に使う音階を高くする

もし作曲に困っているなら、スクールに通うのがおすすめ

なぜなら、作曲・DTMは非常に乗り越えなければいけない壁が多く、プロの講師の力を借りた方が楽しんで上達できるからです。

作曲・DTMは正しく取り組めば本当に面白い趣味なので、ぜひ楽しいDTMライフを送ってくださいね。

あわせて読みたい
DTMスクールおすすめ5選!安くてオンラインレッスンも可能【筆者も利用】 DTMスクールに興味があるけど、どのスクールが一番いいのかな?料金とか口コミとか、各スクールの特徴が知りたい! DTMをスクールに通って学びたいと思っても、DTMスク...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次