次は「おとまが」で検索してね!

【初心者向け】DTMに必要なものは?いらない機材や購入の優先順位・初期費用も解説

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
  • URLをコピーしました!
DTM初心者の人

DTMを始めたいけど必要なものって何だろう?
機材の購入の優先順位や費用を知りたい

DTMに興味を持ったものの「何を買えばいいか」わからないと悩む初心者の方は多いと思います。

この記事では、

  • DTMを始めるのに必要なもの
  • 購入する機材の優先順位や費用
  • 初心者にとっていらない機材

などについて解説していきます。

この記事の結論

DTMの機材の必要なものと優先順位は以下の通り!

  • 1位:パソコン
  • 2位:DAWソフト
  • 3位:オーディオインターフェース
  • 4位:モニターヘッドホン
  • 5位:MIDIキーボード
  • 6位:プラグイン
  • 7位:マイク

あなたがDTMでオリジナル曲を作れるようになれば、DTMは一生楽しめる最高の趣味になります。

くわのゆう

ただ、DTMは初心者にとって難しく、挫折率が高いのも事実です・・・

DTMは必要な知識が多く、良い曲が作れるようになる前に、挫折してしまうケースも少なくないです。

もしDTMで、挫折したくない・早く上達したいのであればDTMスクールに通うのがおすすめです。

筆者も最初は独学でDTMを勉強しており、わからないことが多すぎて挫折しました。

しかし、DTMスクールに通ってDTMを学んだら、作曲でお金をもらえるまでに成長しました。

くわのゆう

僕はスクールに通ってから曲のクオリティが爆上がりしました!
効率よく上達したいならDTMスクールの利用は必須です!

DTMスクールに通ってDTMを学べば、プロ級の曲を作れるようになります。

「DTMでいい曲を作れるようになりたい」という方はDTMスクール無料体験レッスンを受講をしてみることをおすすめします。

\おすすめDTMスクール5選/

スクロールできます

シアーミュージック

椿音楽教室

JOYミュージックスクール

アバロンミュージックスクール

EYS音楽教室
おすすめ度
場所全国100箇所の教室、オンライン全国200箇所のスタジオ、オンライン東京/大阪の4教室、オンライン全国15箇所の教室、オンライン全国21箇所の教室、オンライン
口コミ良い非常に良い 非常に良い良い普通
時間
(1コマ)
45分60分45分60分55分
料金
(1コマ)
4,400円5,825円
※別途スタジオ代
4,208円4,700円6,240円
特徴大手で安心
有名講師も在籍
コスパ最強
1コマが長い
講師が担当制
好きな場所で受講可
とにかく楽しい
Vtuberも目指せる
歌手育成に強み楽器を無料プレゼント
おすすめできる人全員全員DTM初心者歌手志望の人無料で楽器が欲しい人
公式サイト筆者おすすめ!
公式サイト
筆者おすすめ!
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト
※1コマの料金は月4回コースで計算(EYSのみ月2回コース)

以下の記事では、初心者におすすめできるDTMスクールについて解説しているので、あわせてご覧ください。

くわのゆう

僕が通っているでは、ネットでは知れない情報をプロが直接教えてくれます!

あわせて読みたい
DTMスクールおすすめ5選!安くてオンラインレッスンも可能【筆者も利用】 DTMスクールに興味があるけど、どのスクールが一番いいのかな?料金とか口コミとか、各スクールの特徴が知りたい! DTMをスクールに通って学びたいと思っても、DTMスク...
この記事を書いた人

名前:くわのゆう

  • DTM歴10年
  • DTMスクールでレッスンを受けたら、お金を稼げるまでに成長
  • 平日は会社員、週末は副業で音楽制作を行っている

詳細なプロフィールはこちら

目次

【初心者必見】DTMを始めるのに必要なもの

DTMで必要なものは以下7つです。

  1. パソコン
  2. DAWソフト(作曲ソフト)
  3. オーディオインターフェース
  4. モニターヘッドホン
  5. MIDIキーボード
  6. プラグイン(音源ソフト)
  7. マイク

パソコン

DTM作業の中心となるのがパソコンです。パソコンがなければDTMはできません。

DTMをする場合、ある程度高いスペックのパソコンが必要になってきます。

DTMでは録音した音源を読み込んだり、ソフトを多く立ち上げる必要があるので、パソコンの処理能力が低いとフリーズする可能性があります。

DTMをする場合は、最低限以下のスペックのPCを用意しましょう

  • CPUはIntel Core i5以上
  • メモリは8GB以上
  • ストレージは100GB以上
くわのゆう

パソコンのスペックが高ければ高いほど、快適に作業できます!

DAWソフト(作曲ソフト)

DTMをやるにはDAWソフトも必須です。

DAWソフトとは、PC上で作編曲をする際に使用するソフトのことです。

DAWソフトには、例えば以下のようなものがあります。

  • Cubase
  • Logic Pro
  • FL STUDIO
  • Ableton Live
  • STUDIO ONE

おすすめのDAWソフトについては別記事で解説予定です。

くわのゆう

ちなみに僕はCubaseを使用しています!

無料で使用できるDAWソフトは以下で解説しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【DTMフリーソフト】初心者におすすめ無料DAWソフト24選【ボカロもできる】 おすすめの無料DAWソフトってどれ?なるべく初期費用をかけないでDTMを始めたい! 最近では多くのDAWソフトが無料で使用できますが、選択肢が多く初心者の方は迷ってし...

オーディオインターフェース

DTMをやる際にオーディオインターフェースはあった方が便利です。

DTM初心者の人

オーディオインターフェースってなに?

オーディオインターフェースは、一言でいうと楽器の音をPCに取り込む機械です。

加えて、オーディオインターフェースにはPCの音源データをスピーカーやヘッドホンに送るという役割もあります。

オーディオインターフェースの使用イメージ

パソコンに内蔵されているマイクを使用して録音する方法もありますが、ノイズがのりやすく音質も悪いため、使用はおすすめできません。

くわのゆう

楽器を録音したいならオーディオインターフェースは必須です!

モニターヘッドホン

可能であればモニターヘッドホンを用意しましょう。

DTM初心者の人

モニターヘッドホンって普通のヘッドホンと違うの?

一般的なヘッドホンと、モニターヘッドホンの違いは以下のとおりです。

一般的なヘッドホン(スピーカー):音楽を楽しむために、低音や高音が強調される
モニターヘッドホン(スピーカー):なるべく音を正確に出力する

DTMではモニターヘッドホンで曲を確認しながら、各トラックの音を調整していきます。

MIDIキーボード

MIDIキーボードはDTMをやるうえで必須ではありませんが、用意するとDTMをよりスムーズに作業することができます。

MIDIキーボードとは、「MIDI(演奏情報のデータ)」をDAWソフトに入力するためのコントローラーです。

くわのゆう

MIDIキーボードを使うことで、作曲効率が何倍にもなります!

プラグイン(音源ソフト)

プラグインも編曲において重要です。

プラグインを使用すればDAWソフト上で、ピアノやドラムなど、さまざまな楽器の音を出すことができます。

高価なプラグインほど、生楽器と聞き間違えるほどリアルな音であったり、サウンドのバリエーションが豊富な傾向にあります。

くわのゆう

資金に余裕がなければ、DAWにデフォルトで入っているプラグインを使えばOKです!

マイク

歌やアコギなどを録音したい方はマイクを用意する必要があります。

録音の流れは、マイクをオーディオインターフェースにつないで、パソコンにデータをインプットするイメージです。

くわのゆう

マイクの値段はピンキリですが、良い音質で録音したいなら2~3万円のモノを購入するのがおすすめです!

DTMで揃えるべき機材の優先順位と初期費用

DTM初心者の人

機材を購入する優先順位はどうすべき?

DTMは必要な機材が多くて、初心者の方は限られた予算でどれを優先して購入すべきか迷ってしまいますよね。

DTMで購入すべき機材の優先順位と費用は以下の通りです。

機材の購入の優先順位と費用
  • 1位:パソコン(10万円~30万円)
  • 2位:DAWソフト(無料~6万円)
  • 3位:オーディオインターフェース(1万円~20万円)
  • 4位:モニターヘッドホン(1万円~3万円)
  • 5位:MIDIキーボード(5千円~5万円)
  • 6位:プラグイン(無料~15万円)
  • 7位:マイク(1万円~20万円)
くわのゆう

次の章で予算別に購入すべき機材について解説していきます!

【予算別】DTMで買うべき機材一覧

ここでは予算別にDTMで買うべき機材をご紹介します。

今回は以下の予算ごとに買うべき機材を紹介しています。

  1. 予算:1万円以下
  2. 予算:5万円以下
  3. 予算:10万円以下
  4. 予算:20万円以下
  5. 予算:30万円以下
  6. 予算:30万円以上
くわのゆう

機材購入の際の参考にしてみてください!

予算:1万円以下

予算が1万円以下の場合に購入すべきものは以下です。

予算が1万円以下の場合に購入すべきもの
  • DAWソフト(1万円以下)

予算が0円~1万円の場合は、ほとんどDTMに必要な機材は揃いません。

しかし、既にPCを持っている方や、スマホでDTMをやるという方は初期投資することをすることなく、DTMを始めることができます。

おすすめのDAWソフト(無料)は以下です。

おすすめの無料DAWソフト

初心者の方は最初は無料のDAWソフトで十分ですが、

DTM初心者の人

これから本格的にDTMをやっていきたい!

という方は、以下のオーディオインターフェースがおすすめです。

くわのゆう

上記オーディオインターフェースには無料DAWソフトもついてくるので、コスパよくDTMを始められます!

無料のDAWソフトについては、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【DTMフリーソフト】初心者におすすめ無料DAWソフト24選【ボカロもできる】 おすすめの無料DAWソフトってどれ?なるべく初期費用をかけないでDTMを始めたい! 最近では多くのDAWソフトが無料で使用できますが、選択肢が多く初心者の方は迷ってし...

予算:5万円以下

予算が5万円以下の場合に購入すべきものは以下です。

予算が5万円の場合に購入すべきもの
  • DAWソフト(1万5千円)
  • オーディオインターフェース(2万円)
  • モニターヘッドホン(1万円)

PCを持っていることが前提になりますが、予算5万円では少しずつDTMに必要な機材を揃えることができます。

上記で紹介したCUBASE ELEMENTSの内蔵音源だけでも、以下のようにクオリティの高い曲を作ることができます。

またネット上には無料のプラグインが多く存在するので、内蔵音源と合わせて活用するのがおすすめです。

くわのゆう

工夫すれば予算を抑えつつクオリティの高い曲を作れます!

以下のDTMセットの商品は無料のDAWもついてきて、ヘッドホン・オーディオインターフェースともに高品質なのでおすすめです。

▼マイクも一緒に購入したい方はこちら。

予算:10万円以下

予算が10万円以下の場合に購入すべきものは以下です。

予算が10万円の場合に購入すべきもの
  • DAWソフト(3万円)
  • オーディオインターフェース(2万円)
  • モニターヘッドホン(1万円)
  • MIDIキーボード(5千円)
  • プラグイン(1万円)

予算が10万円ほどあると、PC以外のDTMに必要な機材が一通りそろいます。

まとめてDTM機材を買いたい方は以下のDTMセットがおすすめです。

くわのゆう

僕がこれからDTMを始めるなら間違いなくこのセットを選びます!

もしPCを持っていない方であれば、予算10万円でPCを購入し、無料のDAWソフトでDTMを始めるのも一つの選択肢です。

ちなみに10万円前後で買えるおすすめのPCは、マウスコンピューターで購入するのがおすすめです。

以下のページから、お得に購入できるPCを確認できますので、見てみて下さい。

予算:20万円以下

予算が20万円以下の場合に購入すべきものは以下です。

予算が20万円以下の場合に購入すべきもの
  • PC(10万円)
  • DAWソフト(5万円)
  • オーディオインターフェース(2万円)
  • モニターヘッドホン(1万円)
  • MIDIキーボード(5千円)
  • プラグイン(1万円)

予算が20万円あれば、PCを含めたDTMの機材を不足なく揃えることができます。

有料のプラグインを導入すると曲のクオリティが格段に上がるので、資金に余裕のある方はぜひ導入してみてください。

くわのゆう

本気でDTMに取り組みたいなら20万円くらいは用意したいです・・・!

予算:30万円以下

予算が30万円以下の場合に購入すべきものは以下です。

予算が30万円以下の場合に購入すべきもの
  • PC(15万円)
  • DAWソフト(3万円)
  • オーディオインターフェース(2万円)
  • モニターヘッドホン(1万円)
  • MIDIキーボード(5千円)
  • プラグイン(3万円)
  • モニタースピーカー(3万)
  • マイク(2万)

予算が30万円ほどあると、PCをグレードアップできたり、モニタースピーカーなども導入することができます。

ここまで予算があればDTMを始めるのに困ることはなく、DTMを快適に行うことができます。

くわのゆう

30万円あれば選択肢が広がります!

予算:30万円以上

予算が30万円以上の場合に購入すべきものは以下です。

予算が30万円以上の場合に購入すべきもの
  • PC(20万円)
  • DAWソフト(5万円)
  • オーディオインターフェース(5万円)
  • モニターヘッドホン(2万円)
  • MIDIキーボード(1万円)
  • モニタースピーカー(3万円)
  • マイク(3万円)
  • プラグイン(10万円)

予算が30万円以上ある方は、ハイスペックPCや豊富なプラグインを購入することができます。

30万以上の予算をかければプロと同等の機材を手に入れられ、素晴らしいスタートダッシュを切ることができます。

くわのゆう

プロ志向の方は、初期投資として高品質の機材を購入するのはありです!!

\コスパ最強のハイスペックPCをゲットしよう/

【経験談】初心者は不要!DTM機材でいらないもの

DTMは必要な機材が多いですが、初心者の方には不要な機材も多いです。

  1. モニタースピーカー
  2. プラグインバンドル
  3. MIDIパッドコントローラ

順番に解説していきます。

以下はあくまで「初心者がDTMを始める時に必要なもの」に対する筆者個人の見解です。

DTMをやっていくうえで必要とご自身で判断されるのであれば、購入しても全く問題ありません。

モニタースピーカー

賛否両論あるかと思いますが、初心者の方や資金に余裕のない方にとってモニタースピーカーは不要だと筆者は考えています。

モニタースピーカーが不要だと考える理由は以下の3つです。

モニタースピーカーが不要と考える理由
  • 置く場所の確保に困る
  • ある程度大きな音を出せないとモニターができない
  • 正しくモニターするには吸音材なども用意する必要がある

特に集合住宅に住んでいる場合、モニタースピーカーの利用のハードルは一気に上がります。

もちろん資金や場所に余裕があるならば、購入しても全く問題ありません。

しかし限られた予算でDTMを始める場合は、「無理して買わなくていいんじゃない?」と筆者は感じています。

くわのゆう

モニタースピーカーはポテンシャルを引き出すのが難しいです・・・

あわせて読みたい
【DTM】初心者にモニタースピーカーがいらない理由3選!代わりのモニター方法は? モニタースピーカーっていらないって聞くけど本当?他にどうやってモニターすればいいの? と疑問に思う初心者の方もいると思います。 結論から言うと、DTM初心者にとっ...

プラグインバンドル

モノにもよりますが、初心者の方がプラグインバンドル(プラグインのセット商品)を購入するのはおすすめしません。

プラグインバンドルの代表例として、

  • KOMPLETE
  • Waves
  • UAD

などの商品が挙げられますが、初心者にとってこれらのプラグインバンドルは不要です。

プラグインバンドルが不要だと考える理由は以下の2つです。

プラグインバンドルが不要と考える理由
  • 使わないプラグインが付いてくる
  • 単体で買うより割高
くわのゆう

僕も始めた時にバンドルを買いまくって、多くのお金を無駄にしてきました・・・

基本的にはプラグインバンドルは割高になるケースが多いので、予算が限られているのであれば、無理して購入する必要はありません。

ただし、以下のようなケースでは単品で購入するより、バンドルで購入したほうがお得な場合もあります。

  • 欲しいプラグインが多く入っており、単品で買うより安い場合
  • ブラックフライデーなどで、激安で購入できる場合

MIDIパッドコントローラー

以下の画像のような、パッドタイプのMIDIコントローラも不要です。

出典:サウンドハウス

MIDIパッドコントローラーとは、四角のパッド部分に音を割り当て、パッドをたたく操作によってDAWにMIDIを入力できるコントローラです。

MIDIパッドコントローラーが不要と考える理由は以下3つです。

MIDIパッドコントローラーが不要と考える理由
  • 置く場所に困る
  • MIDIキーボードで代用できる
  • 初心者にとっては多機能で扱いが難しい

ビートメイクやトラックメイクをやる方以外がMIDIパッドコントローラを買うと、使う出番が全くなく、後悔してしまう可能性が高いです。

くわのゆう

MIDIパッドコントローラーを全く使わない作曲家の方も多いです

知らなきゃ損!DTMを最速で上達させる方法

DTMに必要なものを揃えたら、次は具体的なDTMのやり方を学びましょう。

初心者の方がDTMを上達させるための方法は以下の3つです。

  1. DTMスクールに通う
  2. DTMの記事やYouTubeを見る
  3. DTMのコミュニティに入る

順番に解説していきます。

DTMスクールに通う

DTM初心者の人

DTM難しい・・・
どうすれば上達するかわからない・・・

DTMでの作曲につまづいている初心者の方には、DTMスクールに通うことを強くおすすめしたいです。

筆者も最初は独学でDTMを勉強していましたが、

  • DAWソフトから音が出ない
  • 音は出たけど、かっこいい音が鳴らない
  • 何とか曲はできたけど、お遊戯会のようなダサい曲ができた

といったように、DTMが全く楽しくなく、挫折しました。

しかし、DTMスクールに通ってDTMを学んだら、お金をもらえるまで成長しました。

くわのゆう

今では以下のような曲を作れるくらいにまで成長しました!

▼YOASOBI風デモ曲

▼バトルシーンなどで使われる激しめロック

▼エモい感じのLo-Fiヒップホップ

▼壮大な中国風オーケストラ

初心者の方からすると「すごい!」と思われるかもしれませんが、DTMスクールでプロから教われば、このレベルの曲はすぐに作れるようになります。

くわのゆう

僕のような凡人でもこんな曲を作れるので、あなたもできますよ!

そしてDTMスクールに通うのと、独学でDTMをやった場合には以下のような差があります。

DTMスクールに通った場合DTMを独学でやる場合
時間がない人でも効率よく学習できる
困っているポイントを講師にすぐに聞けるので挫折しにくい
プロの作編曲のノウハウを教えてもらえるので、作編曲のクオリティが段違いに上がる
1から自分で調べる必要があるので効率が悪い
覚えることが多すぎて挫折しやすい
労力をかけても良い曲が作れない

DTMスクールでプロの講師からレッスンを受ければ、挫折しにくくなる&上達が早くなります。

無料体験レッスンを受けたからといって、絶対に入会しなければいけないわけではないので、ぜひ気軽に体験レッスンを受けてみてください。

くわのゆう

悩んでいる時間がもったいないので、気になるスクールの体験レッスンを今すぐ申し込んでしまいましょう!

\おすすめDTMスクール5選/

スクロールできます

シアーミュージック

椿音楽教室

JOYミュージックスクール

アバロンミュージックスクール

EYS音楽教室
おすすめ度
場所全国100箇所の教室、オンライン全国200箇所のスタジオ、オンライン東京/大阪の4教室、オンライン全国15箇所の教室、オンライン全国21箇所の教室、オンライン
口コミ良い非常に良い 非常に良い良い普通
時間
(1コマ)
45分60分45分60分55分
料金
(1コマ)
4,400円5,825円
※別途スタジオ代
4,208円4,700円6,240円
特徴大手で安心
有名講師も在籍
コスパ最強
1コマが長い
講師が担当制
好きな場所で受講可
とにかく楽しい
Vtuberも目指せる
歌手育成に強み楽器を無料プレゼント
おすすめできる人全員全員DTM初心者歌手志望の人無料で楽器が欲しい人
公式サイト筆者おすすめ!
公式サイト
筆者おすすめ!
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト
※1コマの料金は月4回コースで計算(EYSのみ月2回コース)

以下の記事では、初心者におすすめできるDTMスクールについて解説しているので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
DTMスクールおすすめ5選!安くてオンラインレッスンも可能【筆者も利用】 DTMスクールに興味があるけど、どのスクールが一番いいのかな?料金とか口コミとか、各スクールの特徴が知りたい! DTMをスクールに通って学びたいと思っても、DTMスク...

DTMの記事やYouTubeを見る

DTMを上達させたいのであれば、DTMに関する記事やYouTubeを見ることをおすすめします。

DTMを上達させるには、本ブログで解説している記事をまず見てもらうのが一番早いかと思います。

DTMまとめ記事

あわせて読みたい
【完全版】DTMとは?初心者向けにやり方・必要なものを解説! DTMって何?オリジナル曲を作れるの? オリジナル曲を作りたくて、「DTM」というワードにたどり着いた方は多いと思います。 DTMについて理解すれば、オリジナル曲を作れ...

また最近では多くのDTM系のYouTuberが、DTMのノウハウを無料で発信してくれています。

正直基礎的な知識に関しては、YouTube見ながら試していけば大体解決できます。

くわのゆう

最近のYouTubeは情報が多くて助かります!

DTMのコミュニティに入る

上達するためには、DTMのコミュニティに入るのもおすすめです。

DTMのコミュニティに入ると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の楽曲のフィードバックをもらえる
  • 一緒にDTMを頑張る仲間が見つかる
  • DTMでわからないことを教えてくれる

作曲・DTMは非常にニッチな趣味のため、リアルの場で仲間を見つけるのは難しいので、DTMスクールで探すのが個人的にはおすすめです。

くわのゆう

コミュニティに入ると自分の曲を聴いてもらえるし、他人の曲を聴く機会も増えるので、DTMが何倍にも楽しくなります!

オンラインコミュニティだとDTM系YouTuberのしーたけびーつさんが運営している「C-takesalon.」がおすすめです。

まとめ

この記事では、

  • DTMを始めるのに必要なもの
  • 購入の優先順位や費用
  • 初心者にとっていらない機材

について紹介しました。

今回の記事を簡単にまとめると以下になります。

  • DTMの機材の必要なものと優先順位は以下の通り!
    • 1位:パソコン
    • 2位:DAWソフト
    • 3位:オーディオインターフェース
    • 4位:モニターヘッドホン
    • 5位:MIDIキーボード
    • 6位:プラグイン
    • 7位:マイク
  • DTMに必要な機材を揃えるには以下の予算が必要!
    • PCを持っている場合は、5万円~10万円程度。
    • PCを持っていない場合は、最低10万円。本気でやりたいなら20万円は必要。
くわのゆう

自分の予算内で機材を購入して、徐々に周辺機器を増やしていくのがおすすめです!

また個人的に、初心者はDTMスクールの受講は必須だと思っています。

理由は、レッスンを受ければストレスなくDTMを楽しめて、圧倒的な速度で上達していけるからです。

「早くプロみたいな曲を作れるようになりたい!と考えているのであれば、一度無料体験レッスンを受講してみることをおすすめします。

あわせて読みたい
DTMスクールおすすめ5選!安くてオンラインレッスンも可能【筆者も利用】 DTMスクールに興味があるけど、どのスクールが一番いいのかな?料金とか口コミとか、各スクールの特徴が知りたい! DTMをスクールに通って学びたいと思っても、DTMスク...

\コスパ最強のハイスペックPCをゲットしよう/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次